表情筋の3つの役割と効率的な鍛え方

引き締まったフェイスラインを作るためには、表情筋が大きく関わっていると言われています。表情筋の役割は大きく分けて3つあります。

その1:皮膚を支える
表情筋は顔の土台です。表情筋が衰えてしまうと、シワやたるみの原因となってしまいます。

その2:生き生きとした表情を作る
顔の表情をつくるには、眼輪筋(目の周りの筋肉)や大頬骨筋(頬骨の辺りにある筋肉)などの筋肉がそれぞれ動いているのですが、表情筋を鍛えることで豊かな表情を作ることができます。

その3:血行をよくする
表情筋を鍛えると血行がよくなり、くすみが消え、肌のターンオーバーも正常になります。

このようにひとの印象を大きく左右する表情筋ですが、日常生活では全体の3割程度しか使われていないのです。また表情筋は他の筋肉と比べると細くて薄いため、鍛えにくいと言われています。

では表情筋を効果的に鍛えるにはどうしたらよいでしょうか。それは、エステでマッサージを受けるのがおすすめです。表情筋ひとつひとつの位置や方向をつかむのは素人では難しく、セルフケアでは効果が出づらいからです。
エステティシャンは最適な強さやリズムで表情筋に刺激を与えていきます。マッサージの後には引き締まったハリの肌になることができますよ。

ハンドマッサージの他にもエステには最新式の機械が導入されているところがあります。表情筋に直接電気信号を送って筋肉の活動を促進し、効率的に鍛えるものです。電気といってもビリビリ感じるわけではないので安心して受けることができますよ。

小顔エステで顔痩せ体験


このページの先頭へ